明日から提案できる!今どきウルフカット切り方!

少し前からトレンドスタイルとして注目されている「ウルフスタイル」。

2000年代にも流行っていたけど、昔と今とでは何かが違う。でも何が違うのだろう・・・

そうお考えではないですか?

 

確かに以前流行ったスタイルでありますが、昔のウルフとは違うポイントがいくつかあります。

それに加えて、様々なテイストのウルフスタイルがあり、デザインの幅も広くなっています。

今回は昔と今のウルフスタイルの違い、様々なウルフのデザイン、顔型による似合わせ、提案術についてお伝えします。

今どきのウルフスタイルを理解して、お客様にトレンドスタイルを楽しんでいただきましょう!

1.今と昔のウルフカットの違いとは?

今流行っているウルフと昔流行ったウルフには、大きく分けて3つの違いがあります。

①RPの長さ設定
②ネープの毛量
③フォルムとスタイリング

 

3つの違いをまとめると、以下の表のようになります。


「あれ?なんか昔っぽくなっちゃった…」とならないように、この3つのポイントをしっかりおさえてスタイルを作りましょう。

では具体的にどのような違いがあるのかを見ていきます。

 

1-1.RPの長さ設定

ウルフカット切り方②

RP(ルーツポイント)とは、後ろの正中線上にある表面の髪、またはその根元をさします。TP(頭の頭頂部)より、約4㎝~6㎝後ろにあります。

 

1-1-1.今のウルフのRPの長さ設定


今のウルフは、一部のスタイルを除いてはRPの設定が長めな傾向があります。

具体的には、下の画像のスタイルの様に、RPの長さ設定がぼんのくぼ付近から下であることが多く、それによってウエイトの位置も低めであると言えます。


引用元:Google画像検索「ウルフカット」

 

1-1-2.昔のウルフのRPの長さ設定


昔のウルフは、下の画像の様にRPの設定が短めな傾向があります。

具体的には、ロングスタイルを除いてはRPの長さがぼんのくぼ付近より短いことが多く、それによってウエイトの位置も高めであると言えます。

引用元:Google画像検索「ウルフカット ショートレイヤー」

 

1-2.ネープの毛量


1-2-1.今のウルフのネ―プの毛量


今のウルフは、下の画像の様にネープに厚みがある傾向があります。ですが、毛先の質感は軽くなっているのが特徴です。

厚みというのは、アンダーセクションのエリアのカットライン自体の厚みを指します。

ワンレングスに近い、幅の狭い段差でカットされているのもが多くあります。

引用元:Google画像検索「ウルフカット」

 

1-2-2.昔のウルフのネープの毛量

昔のウルフは、下の画像の様にネープが軽い・薄い傾向があります。

アンダーセクションに幅の広い段入っていて、セニング等での削ぎもしっかりと入っています

スタイルを作る際にはアンダーセクションの段差の幅の設定に注意しましょう。

引用元:Google画像検索「ウルフカット 昔 シャギー」

 

1-3.フォルムとスタイリング

1-3-1.今のウルフのフォルムとスタイリング


今のウルフは、トップの落ちてきたところに厚み(重み)を出し、その下にくびれのあるメリハリのあるフォルムです。

全体的にカールしている、もしくはパーマがかかって、柔らかく動きのあるスタイリングである傾向があります。

ネープの長さが肩付近のスタイルは、ネープを外ハネにスタイリングされているのもが多くあります。

引用元:Google画像検索「ウルフカット 外ハネ」

 

1-3-2.昔のウルフのフォルムとスタイリング


昔のウルフは、自然な頭の丸みのフォルムです。

トップ・ミドルセクションまでがショートレイヤーのようなラインで、アンダーセクションは長く軽いからです。

トップの髪の毛は立たせて動きを出しますが、全体的にはストレートでシャープなスタイリングである傾向があります。

メンズスタイルは、外ハネさせることもありますが、女性のスタイルは首に沿わせるようにスタイリングされているものが多くあります。

引用元:Google画像検索「ウルフカット 昔 ストレート シャギー」

 

2.ウルフとマッシュウルフの違い

ウルフカットと、最近よく目にするマッシュウルフにはどのような違いがあるのでしょう。

それぞれの定義は・・・・

 

                        省略                     

 

5.動画で解説カット実践(ベースカット、毛量調整、骨格矯正、スタイリングまで解説!)

実際にスタイルをカットします。長さとテイストを分けた次の5つのスタイルです。

  1. ロングマッシュウルフ(アンニュイ、ナチュラル)
  2. ミディアムウルフ(ロック)
  3. ミディアムマッシュウルフ(アンニュイ)
  4. 肩ラインマッシュウルフ(ナチュラル)
  5. ショートマッシュウルフ(モード)

段の入れ方や質感の調整、顔まわりのデザインで、どのように雰囲気が変わるかにも注目してカットを進めていきましょう。

※全てRPC理論でカットします。RPC理論は日本カットアカデミーが考案したカット理論です。

5-1.ロングマッシュウルフ(アンニュイ、ナチュラル)

 

                        省略                     

 

 

5-2.ミディアムウルフ(ロック)

★ポイント

  • 前髪〜バックまでを全てつなぐ潔いデザイン。
  • RPの設定短めで幅広い段差。
  • ブラントのラインはすこしぼける程度の質感。
  • ストレートでバサバサとしたスタイリングもよし、パーマやコテで動きを出すもよし。

◎アウトライン
「形」
バック・・・床平行
サイド・・・前髪の端とサイドの終わりを前上がりにつなぐ

「長さ設定」
バックセンター・・・肩から7,8㎝下

◎前髪
「形」
黒目の外側から黒目の外側まで・・・床平行

「奥行と横幅」
奥行き・・・TP
横幅・・・黒目の外側

「長さ設定」
前髪・・・目の真ん中

◎RP
カールして唇

◎コーナーチェック
バック・・・なし
サイド・・・丸み

 

サンプル動画

 

 

続きはオンライン講座でご視聴いただけます

 

「1日でわかる!今どきウルフカットの全て」オンライン講座詳細

簡単にポイントがつかめて、明日からすぐに提案できるようになる内容になります。

なぜ、簡単に理解できて、明日からすぐに提案できるかというと、理由は次の3つです。

  • 体系化された理論で解説しているので、ウルフカットのポイントが簡単に理解できるから。
  • 動画で5つのスタイルのベースカット、毛量調整、骨格矯正、スタイリングまで学べるから。
  • 顔型別にお客様へ似合わせや提案方法もまとめているので、翌日から提案することが可能になるから。

このコンテンツをマスターすることで、ウルフカットのポイントが抑えられて、明日からお客様に使えるだけでなく、お客様を飽きさせない技術を提供できる自分になることが可能です。

仕事がやりがいと充実感のあるものになります。

目次

ウルフカット切り方

 

価格と申し込み方法

価格:10,500円(税抜)

対象:日本カットアカデミー前半コース、後半コース修了者、または現在受講中の方

*理論的に解説していますので、アカデミーで理論を学んでいる最中の方、または終了した方が対象となります。

アカデミー未受講生の方も、ご利用いただけますが、不明な点が出てくる可能性があります。未受講で基礎から理論を学んでいないためです。

アカデミー未受講生の方は、対象者がアカデミー受講生であることをご理解の上ご利用ください。

申し込み方法

下記のフォームよりお申し込みください。

 

提供方法

①フォームよりお申込み&お支払い

②事務局でお手続き確認後メールで動画のURLとパスワードをメールにてお知らせ

③メールに記載のURLをクリック後、パスワードを入力。

④視聴可能

※無期限で何度でも視聴可能です。

 

 

 

SNSでフォローする