展開図の書き方

(1)展開図の書き方

(1)展開図の書き方

展開図の理解では、試験で「基本の展開図が書けるように、展開図に関する一般的な知識を有すること」がもとめられます。また、「次に掲げるスタイルの展開図について、一般的な知識を有すること」がもとめられます。

・床平行ワンレングス
・グラデーション
・レイヤー
・ロングレイヤー
・セイムレイヤー
・ロングレイヤー
・スポーツ刈り

(1)展開図の書き方

展開図の書き方の基本は、下記の2つのポイントで書きます。そのことで、わかりやすく、明確にスタイルを理解することが可能になります。

1.3セクションで展開図を書く

図1
展開図書き方
展開図の書き方の基本は、図1のように頭を3セクションに分けて書きましょう。

2.切り口がスクエアになる角度で書く

図2
展開図書き方
図2はよくある展開図です。これを見てなんとなくわかっても、明確にはわかりません。 しかし、この展開図を切り口がスクエアになる角度で書き直すことで、明確にスタイルを理解することができます。

図3
展開図書き方
図3は図2のミドルのセクションを切り口がスクエアになる方向へ、書き直した展開図です。この時のポイントは、角度の尺度を用いて、何度でスクエアになるかを見ることがポイントです。

角度の尺度

展開図書き方
上図のように、角度は上が180度、下が0度、横が90度という角度の尺度を使います。そして、180度と90度の間の135度、90度と0度の間の45度の角度も見ます。

展開図書き方
さらに、135度と90度の間の112.5度・・・

  省略  

(2)スタイルから見る展開図の書き方

展開図の書き方を基に、次はスタイルを見て展開図が書けるように、書き方を紹介します。書き方は次の2ステッップになります。

1.3セクション(トップ・ミドル・アンダー)の髪を書く
2.スクエア方向で展開図を書き、角度を記入する

1.3セクションの髪を書く

画像1
展開図書き方

展開図書き方

画像1のスタイルで見ていきます。

フロントの展開図の見方

展開図書き方
フロントの展開図の見方は、上の画像のようにトップ、ミドルの各セクションのポイントの髪を見て, 展開図を書きます。

画像2
展開図書き方
①正面から見たトップポイント付近の表面の髪を見ます。

画像3
展開図書き方
②トップセクション下(ミドルセクション上)の髪を見ます。トップセクション下の髪は、表面の髪と内側の髪の中間にあります。

画像4
展開図書き方
③これらの髪がどの角度でスクエアになるかを見ます。

展開図書き方
トップのセクションは約90度のレイヤーということがわかります。

画像5
展開図書き方
④次に、ミドルセクションの上・・・

  省略  

練習問題

【問1】図の展開図は、トップ・ミドル・アンダーは何度でカットされているか?下記の中から選びない。
展開図書き方

1.T:約90度   M:約67.5度  U:約22.5度

2.T:約67.5度  M:約45度  U:約45度

3.T:約112.5度  M:約90度  U:約67.5度

4.T:約67.5度  M:約67.5度  U:約22.5度

【問2】画像の展開図は、トップ・ミドルは何度でカットされているか?下記の中から選びない。
展開図書き方
展開図書き方

1. T:約45度   M:約22.5度

2. T:約90度   M:約22.5度

3. T:約90度   M:約0度

4. T:約45度   M:約90度

【問3】画像の展開図は、トップ・ミドル・アンダーは・・・
  省略  

練習問題【答え】
問1.1

セクションの髪がどこでスクエアになるか書きます。そうすると展開図は、トップ90度、ミドル67.5度、アンダー22.5度になります。

問2.1
展開図書き方

問3・・・

スタイル画像 提供:ARC+

SNSでフォローする
関連記事
No articles